ひとりビジネス

~あらすじ~
「起業」ブームの中で、ひとりで仕事を始める人が少なくない。雇われず雇わない、そして思いがけぬ隙間のビジネスに挑戦している人たち20人のの仕事とライフスタイルを紹介する
(出版社紹介ページより)

私の評価:

もっと読む»

~感想~
正直言って私のような就職もしていない学生は本書の対象外なのかもしれませんが、どの話も興味深く、理想だけではなく現実的に書かれているなと思いました。何故なら登場する方々の大半が前職(会社勤め)の時の方が給料は低かったり同等程度なのです。つまり独立は甘くないと言うことですね。もちろん視野を広くすれば本書で紹介されなかった既に失敗してどうしようという人も現実にはいるでしょうし、ここで紹介された方々もさまざまな要因によっていつまで今している仕事を続けられるか分からず、将来、老後は不透明です。

しかし、一貫して本書で紹介された方々は皆、金銭的にきついと嘆いても、今の仕事をして良かった、会社に束縛されていた以前より自分は輝いているなどと口にする方が多いです。これはどういうことかというと、転身、独立し、ひとりでビジネスをすることでお金に勝る幸せ、充実感を見つけたということなのでしょう。

本書には様々な仕事、聞いたことのないようなニッチなものまで独自に始めた方など紹介されています。また、年代も若い世代から団塊世代、男女問わず紹介されていて自分と重ねて読むことが出来ると思います。そんなバラエティーに富んだ内容なので読んでいるうちに自分も独立できるのではないだろうかという気にさせてくれるのではないでしょうか?

本書の良いところは先ほど書いたように良い話ばかりではなく悪い側面もうっすらと書かれていて、その点についてはあとがきで著者も自覚してしっかりと指摘されていますので夢話ではなく現実的に話が書かれているところです。

仕事に追われいたり、今の仕事に疑問を感じている方、独立に興味のある方は軽い気持ちで読むことで色々な意味での現実をしることが出来ますので良いのではないでしょうか。

ちなみに私がなぜ本書に手をつけたのかというと、ずばりひとりビジネスに憧れているからです。(笑)
いや、ですがいきなりひとりで仕事をするのも厳しい話でしょうから、ちゃんと会社に就職してスキルを身につけていずれは…と思っているので興味があり読んでみたのです。
また、父が定年退職をして、現在は再雇用で働いていますが、こういうひとりビジネスの道を探っているので何か助けにならないかなという思いもありましたし、実際に父に紹介して興味のある部分をさらっと読んでもらいました。父の感想としては、なかなか難しいというようなネガティブな感想でしたが私はもっとポジティブに考えても良いのではないかと思いますけれどね。
まあ、私という留年したバカ息子と、大学受験を控えた妹がいる状況では楽に独立してどうこうという話ではないのは充分分かりますが…。

つまりは

頑張れ俺!

ということで締めさせていただきます。

出版社の書籍紹介ページLink

この記事に対するコメントはありません