Path to War (ジョンソン大統領/ヴェトナム戦争の真実 )

~あらすじ~
アメリカ合衆国第36代大統領ジョンソンの、あまり知られていないプライベートな姿を通じて、20世紀戦史にその名を残す、ヴェトナム戦争の真実に迫る歴史ドラマ。
(ムービー・プラス紹介より)

私の評価:

もっと読む»

~感想~
私にはジョンソン大統領はヴェトナム戦争を拡大させてしまったぐらいの知識しかなかったため、大統領の就任から任期満了までを描いたこの映画を理解するのは、なかなか難しかったです。本人はもとより、閣僚などの人間関係であるとか、ヴェトナム戦争の状況など、あまり注意してみていなかったために理解するのに見終わってから見直した部分もありました。

この映画がどこまで真実、リアルであるかはさておき、注視していないと気付かないところがあったりしますが、前述のように私のようなものが端的にこの流れを理解するのには良い映画だったのではないかと思います。

印象としてはジョンソン大統領はケネディ政権下の副大統領として就任してケネディ大統領暗殺により棚ぼた式に大統領となり、1年後に改めて選挙により大統領となったわけですが、人種差別を撤廃する公民権法をはじめ、多くの法案を通し、内政には秀でていましたが、ケネディ前大統領とマクナマラ国防長官の画策し、きっかけを作ったヴェトナム戦争のせいで、それら功績の影が薄くなってしまい、不運な大統領であった、そのような感じでした。

なぜ、ヴェトナム戦争を拡大してしまったのか、早期終結することができなかったのか、それは劇中ではジョンソン政権下でも国防長官を務めたマクナマラ国防長官の進言という名のコントロール、そのようなものがあったように描かれていました。しかし、すべての閣僚が賛成するというわけではなく、早期に反対する閣僚もいたため、結局のところ、ジョンソン大統領は何か、呪縛にとらわれたといいますか、己の決断を誤ったというほか無いのかもしれません。

リンドン・ジョンソンをWikipediaで調べる→リンドン・ジョンソンW
ロバート・マクナマラをWikipediaで調べる→ロバート・マクナマラW

米Wikipediaでの映画情報(Path to War)Link


Path to War [DVD] [Import]Link

commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]